実施報告/太陽のプリズム長江『なすの量感画』(参加者9名)

09.04

太陽のプリズム長江で『なすの量感画』を実施しました。(参加者9名)

この施設の職員でアートサポーターの吉田さんの尽力で臨床美術を当施設での入居者さんの生活に取り入れていけるかどうかのお試しセッションとして設定されました。臨床美術士にとっては、臨床美術が試される場でもあります。臨床美術マジックで、皆さんを笑顔にできるかどうかが試されました。

出来ない、分からないの声が飛び交い、皆さんの不安な心境を垣間見ながら、なすを五感で感じる中で、気持ちもほぐれていきました。いつの間にか、オイルパステルを混色する指にも力が入って行きます。

皆さん、笑顔で鑑賞会に臨むことが出来ました。

またお行き会いできる日を楽しみに。

image image image image image image image image image image image image

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る