実施報告/新富-銀の櫂アート『かぼちゃを描く』

07.12

臨床美術には人の魂を元気にする計り知れないチカラがあると思う。

それは研究者として追究してきた「精神と身体」の理論を踏まえても言えると思う。

この「思う」を臨床美術の現場を継続することで確信に変えたいと思ってきた。

そして、「いてくれてありがとう」のセッションを重ねて、いま、目の前の「あなた」のお陰で、確信に変わる。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る