「第6回 とやま臨床美術展」を開催しました

10.11

日時:2017年10月2日(月)~10月9日(月)
平日:13:00~17:30 土日祝:10:00~17:30(最終日16:00まで)
会場:高周波文化ホール(新湊中央文化会館)
住所:富山県射水市三日曽根3-23
TEL:0766-82-8400
主催:とやま臨床美術の会
共催:富山福祉短期大学
後援:高岡市・射水市

2017年10月2日(月)~10月9日(月) 高周波文化ホールにて、富山福祉短期大学 共催、高岡市・射水市の後援により「第6回 とやま臨床美術展」を開催しました。
今年で6回目を迎えた「とやま臨床美術展」では各地の地域包括支援センターやコミュニティーセンターで開かれている介護予防講座に参加された方々の作品をはじめ、「とやま臨床美術の会」会員の臨床美術士がそれぞれの現場でセッションし、参加してくださった方々の作品 約1,000点を展示しました。
『銀の櫂アートスタジオ』からも「親子クラス」「一般クラス」の作品を展示しました。


 
 
 

初日のオープニングイベントでは子どもと高齢者の交流制作『軌跡の抽象画』を行いました。
ゾウがのしのし歩いたり、うさぎがピョンピョン跳ねたり、ツバメが飛んだりした跡を、子どもと高齢者が同時に線で表現し、その後に交代しながらオイルパステルで色を塗りました。
刷毛で描いた黒く力強い線とオイルパステルの鮮やかな色のコントラストが美しく、素敵な作品が完成しました。

 

臨床美術体験(無料)には『銀の櫂アートスタジオ』の講座に参加してくださっている方や初めて臨床美術を体験された方、またリピーターの方など、たくさんの方が素敵な絵を描いてくださいました。完成した作品は大事そうに持ち帰っていかれました。

 
 
 
たくさんの方にご来場いただき、ありがとうございました。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る