実施報告/矢野神経内科医院「りんごの量感画」5/10(木)

05.12

4月19日に「矢野神経内科医院在宅介護家族の会」の方を対象に行った臨床美術のミニレクチャーに引き続き、今月は実際に臨床美術を体験していただきました。

皆さん初めての臨床美術に「絵を描くのは70年ぶり」「絵が苦手で上手く描けるかしら」と最初は不安気でしたが、和やかな雰囲気の中、五感をフルに使ってりんごを感じ、思い思いのりんごを描いてくださいました。りんごを切り取った瞬間は歓声が上がり、熱気溢れる中、皆さん楽しく制作してくださいました。完成した作品は個性に溢れ、感性豊かなりんごが並びました。

参加者の声を紹介します。

・70年ぶりに絵を描くので上手く描けるか不安だったが楽しく描けました。

・実物よりも美味しそうなりんごになって嬉しかった。他の方の作品も素晴らしくお互い自然と褒め合っていた。

・次はどうなるのか予想もつかない手法にワクワクしながらどんな作品になるのか楽しみながら作りました。

たくさんの方にご参加いただきありがとうございました。

———————————-

会場:矢野神経内科医院

実施日時:5月10日(木)13時~15時

参加費:500円(一般 800円)

参加者:26名

担当臨床美術士 メイン:寺田陽子 / サブ:北澤啓子・渡邉恭子


 
 
 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る