新富アート2班『立山の初日の出』

01.21

故郷の山並は
自分の身体に連なっている
日頃は意識の背後に消えていて
ある時に遠くから寄せてくる立山
途切れ途切れの記憶のあいだを
つないで
静かに立っている
(新富アート2班
『立山の初日の出』)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る