新富アートA「紅葉の風景」

10.08

葉が赤や黄に染まり、やがて散る。

その繰り返しを何度も何度も、心に映してきた。

描くという行為は、自分の心に浮かぶ「紅葉の風景」を

引き寄せながら、また、心に映してみること。

そして、心に浮かぶ「紅葉の風景」はもう消えてしまい、

目の前に、この<風景>が残った。

(新富アートA「紅葉の風景」)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る