表現アート演習Ⅰ「月夜の森」での現場に応じた支援

10.11

「月夜の森」を想像する。

素敵な風景が次々と想起される方もいるでしょう。

でも、その想像が表現を限定したり技術に走らせたりするかも知れません。

もしかしたら、月明かりは思い浮かべても、月夜の風景が広がらず、筆の手が動かない方もおられるかも知れません。

そうした状況へのちょっと一工夫を考えました。

(「月夜の森」

富山福祉短期大学

「表現アート演習Ⅰ」)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る