きときとアート塾「炎を描く」富山福祉短期大学

11.15

「炎は煙が熱と光を持った形態」という
説明を見かけた。
なんとなく、炎から煙が出ていると解していたが、
煙もまた炎。
ゆらゆらと立ち上ぼり、
やがて熱と光を帯びていく。
炎の成長過程の果ての闇へと辿り、
しみじみと感じることがある。
(きときとアート塾/一般講座
「炎を描く」
富山福祉短期大学)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る