社会福祉法人くるみ「満開の桜の大木」

03.05

子どもの頃から、
桜は心に繰り返し咲いた。
「わあ、きれいだね、さくら咲いたね!」
大切な人の
そんな<ことば>も繰り返し、
心に敷きうつされてきた。
だから、<さくら>と口にするだけで、
心が和み、人と通う。
(社会福祉法人くるみ
「満開の桜の大木」)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る