高岡熱中寺子屋・臨床美術セミナー

09.18

本日は、高岡熱中寺子屋の今年度の最終回の授業でした。
臨床美術の体験と臨床美術に関わりコロナ禍で考えるようになったことの一端をお話させていただきました。
『<今-ここ>は、どこまで深くアートで生きられるか』
◆1限目 臨床美術体験『朝日の風景画』(色鉛筆)
◆2限目 臨床美術について
・コロナ禍を生きる力
・臨床美術とは
・コフート理論から考えること

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る