ZOOM色鉛筆Ⅱ-⑤『ししゃもを描く』

01.07

『ししゃもを描く』というプログラムを
繰り返しオンラインで実施してきて、
自分自身が、いかに描き急いでいるか、
気づく。
モチーフの「ししゃも」を眼前にして、
感じながら描いていくが、
描くために感じているようで、
感じられるはずのことを掬っていない。
「絵を描くことは嫌い」と言われる方の多くは、
上手くやろうと描き急いで、
上手くいかず嫌になるのだろう。
「描き急がない」ことが大事だと改めて思う。
「どうすれば急がない自分になる?」
「つくり、つくりかえ、つくる」(プロセス)
のそれぞれの<いま>を、ただ、楽しむこと。
(ZOOM色鉛筆Ⅱ-⑤/
『ししゃもを描く』
銀の櫂アートスタジオ研究室)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る