ものがたり茶屋『くらげ水族館』

10.24

くらげに刺されたお話から
始まって、
のんびりと漂うようなくらげの
姿を思い浮かべ、
やがて、丸窓が並ぶ水族館になる。
青い地球のようだ。
(ものがたり茶屋/
『くらげ水族館』
担当臨床美術士;北澤晃、鷲北裕子、北澤啓子)

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る